マスクケースの作り方!クリアファイルで簡単&ラミネート手縫い2種

マスクケースの作り方!クリアファイルで簡単&ラミネート手縫い2種春が近づいてくると暖かくて気持ちがいいものですが、花粉症の方はこの時期は大変なので外出時にはマスクが手放せませんよね。

 

常にカバンにマスクを入れて持ち歩く場合、そのままだと不衛生ですし、ヨレヨレになってしまったりします…。

そんな時に便利なのがマスクケース!

 

市販のマスクケースもありますが、実はとっても簡単に手作りできるんですd(^ε^*)
 

g055-01

g055-06

 

今回は簡単にクリアファイルを使ってマスクケースを手作りする方法と、ラミネート加工された布を手縫いしてマスクケースを手作りする方法の2種類をご紹介しますね♪

スポンサードリンク

 

使用済みマスクケースと未使用のマスクケースをわけるための仕切りの作り方もご紹介します☆
 

【マスクケースの作り方】クリアファイルで簡単手作りする方法

 

g055-01
 

完成サイズは縦11cm×横20cmです。

市販の一般的なワイヤー入りマスクが3枚くらい(最大で6枚くらい)入ります。
 

 
【クリアファイルで作るマスクケースの材料】

  • A4クリアファイル
  • ハサミ、カッター
  • あれば方眼紙

 
 

【クリアファイルで作るマスクケースの作り方】

 
写真のように方眼紙を縦11cm×横20cmの長方形に、封筒の開き口をつけたような形に切り取ります。

 
g055-02
 

方眼紙がなければそのままクリアファイルに油性ペンなどで形を描いても構いません。

 
クリアファイルのくっついている2辺は残しますので、閉じている角に方眼紙を合わせて形通りに切り取ります。

 

g055-03

 
手前の1枚だけを写真のように封筒の耳部分以外を切り、奥の1枚の残った耳の部分を手前に折り曲げます。

 

g055-04

 
下の写真の赤線を参考に、2cmくらいの直線とカーブの切りこみをカッターで入れます。

ふたになる部分は端から3cm、横の部分は端から1cmくらいのところを始点終点にします。

ふたの差し込み口になる部分だけは開閉しやすいよう1mm幅で切り抜いておくとよいです。

 

g055-05

 
横の切り込みにカーブをひっかけるようにして閉じます。

マスクを入れたらふたの切り込みを引っ掛ければ、クリアファイルで作ったふた付きのマスクケースの完成です♪

 

g055-01
 

クリアファイルは透明のもので作ってからシールなどを貼って装飾してもいいですし、100均でも柄入りで数枚入ったものが売っています。

こちらの作り方は接着剤も使用しませんので、1枚あたりのコストは数十円とかなりお安くオリジナルのマスクケースが作れます(^◇^)

スポンサードリンク

 

【マスクケースの作り方】ラミネート加工の布で手縫いする方法

 

クリアケースを使ったものも簡単で便利ですが、ラミネート加工の布を使って手縫いで作っても簡単なのにとっても可愛いですよ♪

 
g055-06

 

ラミネート加工された生地は普通の生地にビニールコーティングがされていますので、防水防汚に優れています。

カバンの中に入れても汚れにくいです^^

 

また、普通の生地よりしっかりとしていますし、切りっ放しでも布端がほつれないので扱いやすいです。

こちらのラミネート加工の布を使ったマスクケースは、市販の一般的なワイヤー入りマスクが6枚くらい入ります。
 

ラミネート加工の布を簡単に手縫いして作るマスクケースの作り方も紹介していきますね!

 

 
【ラミネートマスクケースの材料】

  • ラミネート加工生地(縦28cm×横22.5cmあれば足ります)
  • ボタン1つ(今回は18mmのものを使用しました)
  • ハサミ
  • 縫い針、縫い糸、クリップなど

 
 

【ラミネートマスクケースの作り方】

 
ラミネート加工の生地を縦22cm、横22.5cm(縫い代1cm込み)に写真のようなふたをつけた形に裁断します。

 

g055-07

 
下側を中表に折り、両側の縫い代1cmのところを直線縫いします。

 
g055-08

 

※ラミネート加工の生地は針穴が残りますのでまち針は使用しないで下さい。

※縫うときはクリップ等で留めましょう。

 
生地を裏返します。

袋の口から3.5cmの真ん中のところにしるし等をつけてボタンを縫い付けます。

ふたは口から4cmのところにボタンの幅と同じくらいの切りこみを入れます。

g055-09
g055-10

ボタンを留めればふた付きのマスクケースの完成です♪

 
g055-06

 

応用ですが、ラミネートマスクケースの中に先程のA4クリアファイルのふたと耳を付けていない縦11cm×横20cmに切っただけのものものを入れると、中で仕切りができて使用前と使用済みマスクを別々に収納できますd(^ε^*)

 
g055-11
 

クリアファイルを入れたことでケース自体もしっかりしますし、便利で使いやすいです♪

 

まとめ

クリアファイルとラミネート加工の布を作ったマスクケースの作り方、いかがでしたでしょうか?

花粉症の方がいつも持ち歩くマスクも、可愛いマスクケースに入っていれば少し憂鬱な気分も和らぐかもしれません(*^-^*)
 

私は花粉症ではないですが、風邪予防でたまにマスクを使うので早速マスクケースにマスクを入れてみましたが、保存用としてもスマートでいい感じです^^
 

コストも時間もかかりませんのでぜひ一度作ってみて下さいね♪

記事が少しでもお役に立てたら「いいね!」(関連記事の下か最上部)してもらえると泣いて喜びます(≧▽≦)
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ