入学式(入園式)手作りスーツ男の子用の作り方!おしゃれに見せるコツ

入学式(入園式)手作りスーツ男の子用の作り方!おしゃれに見せるコツこの四月から小学校に入学、あるいは幼稚園や保育園に入園する男の子のお母さん、入学式や入園式でのお子さんの服装って悩みますよね。

 
せっかくですのでお子さんの入学・入園式用のスーツを作ってみませんか♪

 

g083-23

 
本を買ったりしなくても簡単なパンツとベストで作るスーツなら手作りできるんですよ♪♪

それに、手作りスーツは一生の思い出になります♡

 
では入学式・入園式用の手作りスーツの作り方、画像付きで詳しくご紹介しますね!

スポンサードリンク

 

入学式・入園式手作りスーツ男の子用の作り方

 
g083-01

 

今回は息子の入園式用の100サイズで作っています。

もちろん小学校入学式用のサイズで作ることも可能です。

お子様のちょうど良いサイズで作ってあげて下さいね!

 
 
【スーツ用ベストの材料】

  • 生地裏地と表地各1枚
    (100サイズだと110cm巾の生地40cmくらいで足ります)
  • 型紙用紙
    (薄めの用紙なら何でもOK!家にない場合は100均の障子紙が安価で大きいのでお勧めです)
  • スーツに合わせるお子様サイズのYシャツ
  • スナップボタン2組
  • 飾り用ボタン2つ
  • ミシン、アイロンなど基本のソーイングセット

 
 
【スーツ用ベストの作り方】

 
型紙を作ります。

スーツに合わせるYシャツを用意して、型紙の上に広げて乗せます。

図のように型、脇、裾にしるしを付けてベストの後ろ身頃の形を書きます。

 

g083-02
g083-03

※ぽっちゃりさんはこのときに少し横幅を足してあげると良いでしょう(^^)

型紙の両サイドを折り畳み、2cmほど重なるようにしたら襟もとをⅤ字に切り取ります。

 

g083-04

 

裾は逆三角形の形にしたらサイドを切り、3枚のパーツにします。
 
g083-05

 
型紙通りに裏地と表地を裁断します。

縫い代は全て1cmにします。

 
生地を中表に重ねて肩の部分を縫います。

 
g083-06

 
裏地と表地を中表に重ねて、襟ぐりと袖ぐりを縫い代1cmで縫っていきます。

下の図の点線部分です。

赤で印を付けている場所は端まで縫わず1cmほど開けて縫い留めます。

 

g083-07

 
縫い代の角の部分は切り落とします。(下の図の赤丸の箇所です)

カーブのついた場所も裏返したときにつっぱらないように切り込みをいれておきます。

 
g083-08

 

縫い代をアイロンで割ってから、後ろ身頃の内側から前身頃の生地をひっぱり、肩から通すようにして生地を裏返します。

 
脇の部分を縫います。

裏地同士、表地同士を中表に重ねて縫い代1cmで縫います

 
g083-09

 
裾の部分は内側に折り込み、アイロンします。

全体にもアイロンをして形を整えたら、ベストの周りを縫い代2mmくらいでぐるりと縫います。

 

g083-10

 
前にスナップボタンを付けます。

向かって右に凸のボタン、左に凸のボタンを縫い付けます。

 
g083-11

 

表に飾り用のボタンを縫い付ければベストの完成です♪

 

g083-12
 
 
 

次はスーツ用のパンツを作っていきましょう!

 

【スーツ用パンツの材料】

スポンサードリンク
  • 生地(100サイズで110cm巾の生地1mあれば足ります。)
  • ウエスト用6コール平ゴム 45cm×2本
  • 紐通し
  • 型紙用紙
  • 型紙用のお子様サイズのパンツ

 
 
【スーツ用パンツの作り方】

 
型紙を作ります。

お子様サイズのパンツを後ろパンツが表になるように折り畳み、型紙用紙の上に乗せてかたどります。

 

g083-13
 

続けて前パンツが表になるように折り畳み、先程書いた下にかたどります。

 
g083-14

 

※本来パンツのサイドは曲線ですが、下の図の赤線のように前後共に直線で写し、ウエストはゴムのゆとりがほしいので2~3cmほど大きめに取りましょう。

また、ぽっちゃりさんはパンツの幅やウエストを更に大きめに取りましょうね(^^)
 

g083-15

 
型紙通りに生地を2枚裁断します。

必ず2枚が左右対称になるように裁断してください。

縫い代はウエストは4cm、裾は3cm、他は1cmで取ります。

 
裁断した生地を中表に折り、股下の部分を縫い代1cmで縫っていきます。

画像の点線部分です。

 
g083-16

 
縫えたら布端を2枚同時にジグザグミシンをしておきます。

※ジグザグミシンとはミシンのジグザグ縫いの機能を使用して布端をほつれないようにする処理です。

 
両方縫えたら片方を裏返します。

 
g083-17

 

裏返したほうをもう片方の中に入れて中表の状態にしたら股の部分を縫います。

 
g083-18

 

このときパンツの後ろ側のウエスト部分は2mmだけ縫ったら2cmほど開けてまた縫うようにします。

(ゴム通し用の穴を開けておく為です)

 
股の強度の為にもう一度同じ部分を縫って下さい。

そのあと布端は2枚同時にジグザグミシンをします。

 
股が縫えたら先程中に入れたパンツの片方を外に出します。

ウエストと裾をアイロンで三つ折りにします。

 

g083-19
g083-20

裾は縫い代2mmで縫い、ウエストは縫い代2mmのところと真ん中の2本を縫います。

 
g083-21

 
後ろ側のゴム通し穴からゴムを1本ずつ通して玉結びし、結び目を通し口の中に直せば完成です♪

 
g083-22
 

今回は入園式用ということで小さめで作りましたが、ベストもパンツを手持ちの洋服から型紙を起こすので、小学校入学式のお子さんにも対応可能です♪

 

入学式・入園式の男の子スーツをおしゃれに見せるコツ

スーツなのであまりパンツが太いと不格好になります。

逆に細すぎると収縮しない生地の場合破れたりが心配なので、型紙となるパンツは細すぎず太すぎずのものを選びましょうね(^^)/

 

手作りのスーツが完成したら、手持ちのワイシャツと合わせてみましょう♪

 

よりお洒落にみせるならポケットを付けてハンカチチーフを入れてみたり、手持ちの蝶ネクタイやネクタイを合わせても格好いいですね。
 

g083-23

 

完成したスーツを息子に着せてみたら「ちょっとスターニンジャーみたい♪」←男の子ママならわかりますよね(笑)

、と嬉しそうでした♪

 

まとめ

入園式や入学式に着る、手作りスーツの作り方いかがでしたでしょうか?
 

「男の子用のスーツは難しそう…。」と思われがちですが、今回はなるべく簡単に、パンツも2枚を縫い合わせるだけにしてみました^^
 

意外と簡単に、見栄えが良く格好いいスーツができるものですよ♪♪

皆さんもこの春の入学式・入園式に向けてぜひ手作りしてみてくださいね☆

記事が少しでもお役に立てたら「いいね!」(関連記事の下か最上部)してもらえると泣いて喜びます(≧▽≦)
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ