入学式用女の子服を手作り!ボレロ&コサージュの作り方(画像付)

入学式用女の子服を手作り!ボレロ&コサージュの作り方(画像付)この春から小学校にご入学されるお子さんにお母さん、ご入学おめでとうございます♪

一段としっかりとした娘さんの成長に心が躍りますね(*^-^*)

 

その門出のセレモニーとなる小学校の入学式、頑張って女の子用の入学式服を手作りしてみませんか?
 

写真をたくさん撮るので手作りのお洋服は一生の記念になりますし、お子さんもとっっても喜んでくれますよ (〃▽〃)

 
g069-19

 
型紙をおこす作業がありますが、お裁縫初心者さんでも簡単にできるように工夫してみました☆
 

では入学式用の女の子服の詳しい作り方をご紹介しますね!

スポンサードリンク

 

入学式用女の子服を手作り!ボレロの作り方

 

g069-01

 

完成サイズはおよそ110サイズです。

お子様によってサイズが違いますので調整して下さいね。

 
 
【材料】

  • 生地 110cm巾×100cmくらい
    (今回は伸縮性のあるニット生地を使用しました※1
  • 型紙用紙
    (薄めの用紙なら何でもOK!家にない場合は100均の障子紙などが安価で大きいのでお勧めです)
  • 型取り用のお子様サイズのロンTなど
  • トーションレースや綿レースなど
    (サイズにより異なりますが今回は42cmくらい使用しました。)
  • ミシン、ハサミなどの基本のソーイングセット

 

※1:ニット生地を使う場合ははニット生地専用のミシン糸とミシン針を用意しましょう。

もちろん普通のコットンを使用しても大丈夫です。

 

 
【作り方】

 
手持ちのお子様のちょうどよいサイズの洋服を用意して型紙を起こします。

ロンTなど洋服を半分に折り、鉛筆で型紙用紙に型取っていきます。

 
g069-02

 
ボレロの中に長袖を着たい場合は洋服より型紙を一回り大きめにとります。

ボレロですので丈は短めにします。

画像のもので、脇の下から裾までの長さは7cmくらいです。

前は襟ぐりを後ろより大きめにとり、裾は丸みをもたせます。

 

g069-03

 
型紙から生地を裁断します。

後ろ身頃は生地を二つ折りにして左右対称になるように1枚でとります。

前身頃は別々に左右対称のものを2枚とります。

縫い代は後ろ身頃の裾部分と前後ろ共に袖部分のみ2cmでとり、それ以外は1cmでとります。(画像の緑部分が縫い代2cmです)

 
g069-04

 
先程作った型紙の前後の首周りとボレロの前部分に3cmほどしるしをつけ、画像のように生地を裁断します。

画像のピンク部分は縫い代1cm、それ以外は縫い代なしです。

 
g069-05

 
裁断した生地の、縫い代のない部分をジグザグミシンをかけてほつれ防止をしておきます。

(ジグザグミシンとはミシンのジグザグ縫いの機能を使用して布端をほつれないようにする処理です。)

 
行程2と3の生地を縫い合わせます。

中表に合わせて待ち針をし、画像のピンクの部分を縫い代1cmで縫います。

左の画像が前、右の画像が後ろです。
 

g069-06
g069-07

前身頃の角部分は切り落とし、丸みのあるところはハサミで切り込みを入れます。

生地を裏返してアイロンをします。

 

g069-08
g069-09

後ろ身頃の裾は三つ折りにしてアイロンをし、直線縫いしておきます。
 

スポンサードリンク

g069-10

 
前身頃と後ろ身頃を中表に合わせて待ち針をし、縫い合わせます。

画像のピンクの部分を1cmの縫い代で縫っていきます。
 

g069-11

 

縫えたら布端を2枚一緒にほつれ防止のためにジグザグミシンをしておきます。

 
袖は三つ折りにして直線縫いします。

細い輪っかになっているのでミシンで縫いにくい場合は手縫いで縫いましょう!

 
g069-12

 
裏返して生地を表にし、襟もとにトーションレースや綿レースなどを縫い付ければ、入学式用ボレロの完成です♪

 
g069-01

 

お好みで胸元にホックやボタン、リボンなどをつけてもいいですね^^

 

入学式用コサージュを手作り!簡単な作り方

今回作ったボレロはシンプルな形なので、ワンピースに合わせたりしてくださいね^^
 

また、ボレロにコサージュをプラスするとさらに可愛くなります♡

コサージュなら簡単に手作りできるのでコサージュの手作りもおすすめです。

コサージュの作り方、ご紹介します^^

 
 
【コサージュの材料】

  • 幅25mmのサテンリボン 50cm×1本 30cm×1本
  • レースリボン 50cm×1本
  • パールビーズなど
  • フェルト
  • ボンド
  • 安全ピン

 
 
【コサージュの作り方】

 
リボンの下2mmくらいのところをなみ縫いしてしぼります。

 
g069-13

 
リボンの端もなみ縫いをして表に端が出ないようにしましょう。

 
g069-14

 
リボン3本とも縫えたら50cmのリボン→レースリボン→30cmのリボンの順に重ねて真ん中を縫い留めます。
 

g069-15
g069-16

中央にパールビーズをつけます。

 
g069-17

 
裏は丸く切ったフェルトを用意してボンドで貼ります。

その上に細長く切ったフェルトの両端のみボンドで貼り付けます。
 

安全ピンを通せば完成です♪

 
g069-18
 
 

早速娘に合わせてみましたがとっっても気に入ってくれてずっとこの格好でいてくれました♡

このように子供が気に入ってくれると作った甲斐がありますよね~( *^艸^)プププ

 
g069-19

 

まとめ

入学式用のボレロとコサージュの作り方、いかがでしたでしょうか?
 

洋服作りはサイズ感が難しいと思われるかもしれませんが、手持ちのちょうどよいサイズの服から型紙を起こすので簡単で失敗がないと思います。

手作りの洋服やアクセサリーは市販品にはない温かみがありますし、他のお友達と洋服が被るということもなく、記念写真をたくさん撮る小学校の入学式にお勧めです☆

 

この春の入学式に向けてぜひ入学式服の手作りに挑戦してみて下さいね(^◇^)

記事が少しでもお役に立てたら「いいね!」(関連記事の下か最上部)してもらえると泣いて喜びます(≧▽≦)
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ