誕生日王冠の作り方 フェルトで簡単に&布で本格的に!2種類紹介

誕生日王冠の作り方 フェルトで簡単に&布で本格的に!2種類紹介最近はハーフバースデーやお誕生日に王冠をかぶって写真を撮るのが流行っていますね♪

 

お子さんのお誕生日にかわいい写真を残すために、今年は手作りの王冠を作ってみませんか?

 

g044-01

 

フェルトだととても簡単に作れますし、布でも比較的簡単に作れますd(^ε^*)
 

今回は王冠の型紙、フェルトの王冠、布の王冠の三種を紹介していきますね。
 

何歳になっても(大きくなっても)使える工夫もしてみましたよ♪

スポンサードリンク

 

誕生日王冠 型紙の作り方

まず王冠の型紙を作っていきます。

縦13cm×横40cmの用紙を用意します。

 
今回はわかりやすいように方眼紙を2枚つなげて作りましたが、いらないチラシ等で作っても大丈夫です^^

 
上は両端から4cmのところ、間は8cm間隔に印をつけます。

下は上から6cmのところに横に8cm間隔で印をつけます。

 

g044-02

 

点と点を定規で結びギザギザの形を描きます。

 

g044-03

 

印通りにハサミで切れば型紙の完成です♪

 
g044-04

 

誕生日王冠の作り方!フェルトで簡単に手作り

型紙が完成したら早速フェルトの王冠を手作りしましょう♪
 

こちらは全面の数字の部分を入れ替えたりゴムの長さを換えれば何歳になっても使えるようにしています(・∀・)b

 

個人差はありますがご紹介しているサイズは大体0歳~3歳用です。

(ゴムやフェルトの長さを調節していただければもっと大きい子でももちろん着用可能です☆)

 

g044-05
 

 
【フェルトの誕生日王冠の材料】

  • 大判のフェルト(100均で手に入ります) 縦26cm×横40cm
  • 小さめのカラーフェルト(数字部分)適量
  • ボタン 1つ
  • ゴム(平ゴム20cmが1本)
    ※お子様の頭のサイズによって長さは調節して下さい
  • カラーのポンポンボール(100均で手に入ります)
  • 縫い針、毛糸または刺しゅう糸、ハサミ
  • 木工ボンド

 

 
【フェルトの誕生日王冠の作り方】

 
フェルトを半分に折り曲げ、折った部分が底になるようにして型紙をあててかたどります。

 

g044-06

 
縫い代はつけずに2枚同時に切ったら片方の全面真ん中の場所に、直径3.5cmほどの円を描き切り抜きます。

 

g044-07

 
別の色のフェルトを直径5.5cmほどの円に切り抜き、周りは1cmほど残して十文字に4か所切り込みをいれます。

円周にボンドをつけたら穴に蓋をするように裏から貼ります。

 

g044-08

 
表から見ると写真のように太陽の形になるようにフェルトを折り返します。

裏をボンドで留めておきます。
 

g044-09

 

※このときボンドが乾くまで浮いてきやすいので、軽く乾くまでしばらくはクリップや洗濯バサミなどで挟んで押さえておくとよいでしょう。

 
太陽の裏側のフェルトの円の周囲にボンドをつけて王冠の表と裏をくっつけておきます。

 

g044-10

 
王冠の周囲を縫っていきます。

図の右側が始点で、赤線の部分をかがり縫いで縫っていきます。

 
g044-11

 
先程の図の左の終点まで縫えたら、平ゴムを結んだものを用意してフェルトに挟み、一緒に縫っていきます。

 

g044-12

 

反対側にボタンを縫い付けるとこのように引っ掛けることが出来ます。

スポンサードリンク

 

g044-13

 
王冠のとんがりにポンポンボールを縫い付けます。

ポンポンボールは今回100均のセリアで買いました。

 

g044-14

 
写真のようにカラーフェルトを直径5cmくらいの円の形に切り、そこに数字の切り抜きをボンドで貼ったものを用意します。

 

g044-15

 
全面の太陽の真ん中にはめれば、フェルトの誕生日王冠の完成です!

 

g044-05
 

はめこむところはリバーシブルで裏面に1/2を作っておけばハーフバースデーにも1歳のバースデーにも使えます♪

また、太陽のデザインは女の子でしたら丸みをつけてお花にしてあげても可愛いですよ(^◇^)

 

誕生日 王冠 作り方!布で本格かわいく手作り

フェルトの王冠も可愛いですが、更にランクアップさせて布で作る誕生日用王冠もさらに可愛いですよ♪

 

個人差はありますがご紹介しているサイズは大体0歳~2歳用です。

(ゴムや布の長さを調節していただければもっと大きい子でももちろん着用可能です☆)
 

g044-16

 

布の場合は中に少し手芸綿を入れます。

では作り方を説明しますね^^

 
【布の誕生日王冠の材料】

  • 生地 縦15cm×横42cm×2枚
  • 手芸綿
  • ボタン1つ
  • ゴム 平ゴム約30cm ※フェルトの王冠より長く必要です。
    ※お子様の頭のサイズによって長さは調節して下さい
  • 縫い針、縫い糸、はさみ

 

 
【布の誕生日王冠の作り方】

 
王冠の型紙を使って縫い代1cmをつけて生地を裁断します。

生地を中表に重ね、片側にゴムを結んだものを挟み、下側に8cmくらいの返し口を残して周囲を縫っていきます。

 

g044-17
g044-18

縫えたら生地の角を切り落とし、Ⅴ字のところにも切り込みを入れて縫い代はアイロンで割っておきます。

(「アイロンで割る」と言うのがよくわかなければアイロンで割る工程はとばしてもOKです。)
 

g044-19

 
生地を裏返します。

角は裏返しにくいですが細いもので内側から押し出してくださいね。

ゴムをつけた反対側にボタンを縫い付け、とんがりにポンポンボールを縫い付けます。

 

g044-20

 
返し口より手芸綿を詰めていきます。

薄く広がるくらいで詰めすぎないようにしましょう。

詰めたら返し口はまつり縫いで綴じます。

 

g044-21

 

布バージョンはこれで完成なのですが、ここで重大なことに気づきました。

それは綿を詰めている分、王冠のサイズが小さくなっているため、フェルトの王冠と同じゴムの長さ(20cm)で作ると2歳の息子にはかぶれませんでした…。

※そのため布の王冠の材料のところはゴム約30cmとしています。

 

でも、ゴムが短かった場合ももう1本20cmの平ゴムを結んだものを用意して、輪ゴムをつなげるようにつなげてみたらかぶれるので大丈夫です♪
 

g044-22

 

これならフェルトの方もサイズアウトしたら都度ゴムを増やしていけば何年も使えますね。

 

ホッと一安心、息子も気に入った様子です(*´艸`*)

 

g044-23

 

まとめ

フェルトと布の誕生日王冠の作り方はいかがでしたでしょうか?

意外と簡単なのでこれならお子さんがお昼寝している間にささっと作れそうですよね☆
 

可愛いので完成すると早くかぶせてあげたくなっちゃうと思います♪

ぜひ今年のバースデーは手作りの王冠でかわいい写真を残してあげてくださいね(*^-^*)

記事が少しでもお役に立てたら「いいね!」(関連記事の下か最上部)してもらえると泣いて喜びます(≧▽≦)
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ