魚焼きグリルの掃除、内部はどうする?水なしで奥まで庫内スッキリ!

魚焼きグリルの掃除、内部はどうする?水なしで奥まで庫内スッキリ!魚焼きグリルの内部を見たら、ものすごいことになってる(-_-;)

 

gs007-01
 

魚焼きグリルの内部って掃除できるの?と思って、今まで一度も掃除したことないって方も多いのではないでしょうか?

 

もちろん、掃除できるんです!

年に一度の大掃除!

この際きれいにしちゃいましょう!

 

gs007-05

 
魚焼きグリルの内部の掃除の方法を詳しくご紹介しますね~(^◇^)

スポンサードリンク

 

魚焼きグリルの掃除!内部(内側)も綺麗にする方法

魚焼きグリルの受け皿を引き抜いてみると、そこは今まで見たことがないぐらい汚かった(@_@;)
 

gs007-01

 

何年も掃除しないでいたら、こんなことに・・・・

ここは頑張って掃除していきましょう!

 

用意するもの
☆セスキ(セスキ炭酸ソーダ)100均でも手に入ります
☆スプレーボトル
☆キッチンペーパー
☆ぼろ布
☆メラミンスポンジ
☆割り箸

 

gs007-02

 

こんなに油汚れや焦げがこびりついて、もともとの天板が見えてこない(-_-;)

頑固な汚れ過ぎて・・・・どうしよう・・・・

 

そんな時は、セスキスプレーです!

 

セスキスプレーの作り方は

セスキ5g(小さじ1杯)と水500ccをスプレーボトルに入れて混ぜるだけ。

 

セスキは水に溶けやすく、常温で長期保存もきくので一度作っておくと便利ですよ~(・∀・)b

 

まずは、魚焼きグリルの内部にセスキスプレーをしていきます。

そして、キッチンペーパーで湿布しておきます。
 

gs007-03

 

油汚れがもう茶色になって出てきていますね!
 

浮いてきた油汚れをキッチンペーパーで拭き取ります。

 

汚れがあまりついていないのであればこれだけでもいいんですが、ものすごく汚れている場合はこれだけでは落ちないので、ぼろ布を使ってこすっていきます!

奥のほうは割り箸を使うと掃除しやすいですよ^^

 

それでも落ちない時は、メラミンスポンジの登場です!

スポンサードリンク

 

ぼろ布が油汚れで茶色になっています↓

 

gs007-04

 

ここまで汚れが落ちるのが見えると、新品の時のようにピカピカにしたくなりますよね(*´艸`*)

 

掃除後がこちら↓
 

gs007-05

 

やっと元々の天板が見えました~ヽ(^∀^)ノ

 
頑固な汚れが嘘のようです。

すっきりして気持ちがいいですね!
 

あとは、水拭きをして、仕上げていきます。

 

また、水拭きしてもセスキが残っているといけないので、魚を焼く前に一度受け皿に水をはって、グリルを使ってみるといいですよ!

 

魚焼きグリルの掃除方法。水なしでも綺麗になる?

魚焼きグリルの内部って、ヒーター線が入っていたりして水を使うと故障しそうですよね!

 

そこで水を使いたくない時は、メラミンスポンジにセスキスプレーをして掃除していきましょう♪

 

gs007-06

 

こんな感じで、メラミンスポンジもすぐに茶色になってしまいます。

汚れが落ちているのがわかりますね~

 

あとは、固く絞ったぼろ布で水拭きすれば、掃除は終了です!
 

魚焼きグリルの奥まで掃除する時の注意点

魚焼きグリルの内部の奥って、なかなか手が届きませんよね。

そんな時は、割り箸を使うと便利です。
 

セスキスプレーをしたぼろ布を割り箸でこすっていくと、魚焼きグリルの奥まで掃除することができます^^
 

私は下の天板を磨く時には、ぼろ布を敷いてその上から割り箸でこすりました。

割り箸で布を奥まで持っていくような感じです。

上側を磨く時には、割り箸にぼろ布を輪ゴムでとめてこすりました。

 

使った割りばしはそのまま捨てればOKなので衛生的です。

 

この時、服が汚れるといけないので、長めのゴム手袋がオススメですよ~
 

まとめ

何年もためこんでからの掃除は汚れが落ちにくくなってしまい、掃除が大変です(@_@;)

 

なので何年もためこまず、毎回とは言いませんが気がついたらセスキスプレーをして、キッチンペーパーで拭きとって水拭きするといいです。

そうすれば、簡単にきれいな状態を保つことができますね!

 

私も魚焼きグリル内部をこまめに掃除するようがんばります(。-∀-)

記事が少しでもお役に立てたら「いいね!」(関連記事の下か最上部)してもらえると泣いて喜びます(≧▽≦)
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ