コンロ掃除後火がつかない時の対処法!原因は水?ほか4つの対策

コンロ掃除後火がつかない時の対処法!原因は水?ほか4つの対策突然コンロの火がつかなくなると、本当に困りますよね…

 

『なんで?!』と思いながらも自分の行動を思い返してみると…
 

012-01

 

  • 大掃除で張り切ってコンロを思いっきり水で洗った
  • 水をこぼした
  • お料理が吹きこぼれた

なんてことはありませんか?
 
 

コンロ掃除をした後に火がつかなくなった場合の対処法についてご紹介します!

スポンサードリンク

 

修理の人を呼ぶと、部品交換などがなくても出張代を払わないといけない可能性大です。

修理を依頼する前に確認してみましょう!

 

コンロ掃除後火がつかない時の対処法

コンロの火がつかなくなる原因は、単純にコンロの故障、電池がない、バナーキャップのズレ、バーナーの目詰まりなど色々な原因が考えられます。

ガスコンロの真ん中の黒い部分がバナーキャップです↓

 
012-02

 

 

でも、水で掃除した後火がつかなくなったなら、『水』が原因の可能性が高いです。

 

点火部分などが水で濡れてしまっていると火がつかないんです。

 

 

ボタンを押すと火花はきちんと飛びますか?

火花が飛ばない場合、点火部分の水分をよくふき取りましょう。

 

また、濡れてしまったバナーキャップなども乾いた布でしっかり拭きましょう!

 

水が原因の場合、時間が経って自然乾燥して次の日にはいつも通り火がつく、と言うこともあります。

 

センサー付きのガスコンロの場合、センサーがぬれていても火がつかないことがあります。

センサー部分も乾いた布でしっかり拭きましょう!

 

コンロ掃除後火がつかない…水以外の原因

 

水分はふき取った、1日様子を見た(自然乾燥)、それでもコンロの火がつかない…(- -|||)

 

そんな場合は以下の4点も確認してみましょう!

 

電池を交換してみる

電池がないと火花がとばず、火がつきません。

一度電池交換をしてみましょう。
 

ただし、コンロが3つあって火が付かないのは1つだけ…と言う場合は電池が原因とは考えにくいです。
 

バナーキャップのズレ

バナーキャップはズレていませんか?

ガスコンロの真ん中の黒い部分がバナーキャップです。
 

スポンサードリンク

012-02
 

バナーキャップがずれているとうまく火がつかないことがあります。

コンロが3つあって1つだけ火が付かない場合はこれが原因の可能性があります。
 

ガスの大元を確認

大きな地震がきたりした場合、ガスメーターの安全装置が作動してガスの大元からガスが止まるようになっています。

また、長時間ガスを使い続けたなどの理由でガスの大元からガスが止まってしまった経験をしている人もいます。
 

ガスストープなど他にガスを使用する機器がある場合は他の機器で試してみてください。

コンロだけではなくガスを使用する機器すべてが使用できない場合は、大元からガスが止まっている可能性があります。

 

ガスの元栓閉めてない?

「大掃除する前にガスの元栓しめておこう!」なんて思ったのを忘れていませんか??

自分で元栓閉めたのに忘れていた…と言う人は少ないかもしれませんが、もしかしたら一緒に掃除をしていた家族が閉めた可能性もあるかもしれません。
 

一度元栓を確認してみましょう!
 

コンロ掃除は毎日しよう!

年末になると『大掃除だ~』と張り切って洗剤片手にコンロをゴシゴシ掃除!と言う方も多いと思います。
 

年末に大掃除すると気持ちよく新年を迎えることができてとても良いのですが、やっぱり理想は「毎日掃除すること」です。
 

コンロは油汚れなど頑固な汚れや焦げがつきやすい場所。

毎日料理後にササッと拭く習慣をつけておけば、大掃除で水と洗剤たっぷりつけてゴシゴシ洗った後『火がつかない(≧э≦)』・・・なんてことにならずにすみます。
 

水分が原因で水が乾いて火がつくようになればいいですが、色々試しても火がつかない場合は修理の人をよぶことになります。

また、水分がコンロ内部にまで入り込むことでコンロの寿命を縮めることになりかねません。
 

修理の人を呼ぶ場合は部品を交換しなくても5000円くらいの出張料金がかかることもありますので、そうならないよう毎日こまめに掃除をしましょう!

 
 
コンロを毎日掃除するには重曹水がおすすめです^^

重曹は100均でも手に入ります。
 

300ccの水と重曹大さじ1をスプレーボトル(100均で手に入ります)に入れ、よく混ぜれば重曹水の完成!
 

その重曹水をシュッシュとコンロに吹きかけて、キッチンペーパーで拭きとれば毎日のコンロ掃除は10秒程度で完了です(^◇^)

この「毎日の10秒」が「年末コンロ掃除に費やす時間」を確実に減らしてくれます♪
 

まとめ

掃除した後コンロの火がつかなくなると本当に焦りますよね(・∀・;)

修理の人を呼ぶ前にぜひ上記のことを試してみてくださいね。

記事が少しでもお役に立てたら「いいね!」(関連記事の下か最上部)してもらえると泣いて喜びます(≧▽≦)
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ