水疱瘡の症状が軽い時の感染力は?幼稚園や保育園登校OK?期間は何日?

水疱瘡の症状が軽い時の感染力は?幼稚園や保育園登校OK?期間は何日?子供がかかりやすい感染病のうちの一つに水疱瘡があります。

 

水疱瘡は感染力が強いことでもよく知られていますよね。

水疱瘡は感染力が非常に強く、保育園や幼稚園などの集団生活の場でうつる場合も多くあります。

 

sr0001-01

 

兄弟姉妹の1人が感染した場合、もう片方の兄弟へも90%以上の確率で感染すると言われています。

兄弟姉妹間で感染しないよう気を付けるのはなかなか難しいですが、事前に予防接種を受けておくのがいいでしょう。

 

インフルエンザの予防接種など効果が低く賛否両論ある予防接種もありますが、水ぼうそうに関しては予防接種することで約9割の確率で発症を阻止できると言う報告があります。

また、予防接種した場合は水疱瘡にかかった場合も症状が軽く済むことが多いです。

 

予防接種などのおかげで水ぼうそうの症状が軽く済むのは嬉しいですが、水ぼうそうの症状が軽かった場合についての色々な疑問が出てきます。

早速チェックしていきましょう!

スポンサードリンク

 

水疱瘡の症状が軽い時の感染力は?

 

水疱瘡の症状はかゆみを伴う全身の発疹と発熱です。
 

10歳くらいまでの子供の場合はそれほど高い熱にはならず、37~38度台の熱が3、4日続く程度のことが多いです。

また、予防接種をしていると症状が軽く済むことが多いです。

 

ただし、発熱や発疹などの症状が軽い場合もそれによって感染力が弱いということはないので、発症した場合は医者の指示に従って許可が出るまで外出しないようにしましょう!

 

水疱瘡の症状が軽い時は幼稚園・保育園へ登校・登園OK?

 

水疱瘡はとても感染力の強い病気です。

症状が軽いからと油断していると、簡単に人へ感染してしまうのです。

 

例え熱がなくても水疱の中にはウイルスが含まれており、水疱が破れてウイルスと人が接触するだけで感染してしまいます。

スポンサードリンク

子どもの場合は痒いと水疱を掻きむしってしまうので、より注意が必要です!

いくら症状が軽くても水疱がかさぶたになり、剥がれ落ちるまで油断はできません。

 

ですので水疱瘡にかかったら、発疹のかさぶたが剥がれ感染の危険性がなくなるまではいくら症状が軽くても幼稚園や保育園への登校・登園はできません。

 

mark_batsu

 

それ以外の外出も医師のOKが出るまでは我慢しましょう。

症状が軽いと子供は外に行きたがると思いますが、そこをぐっとこらえさせることで感染が広がるのを防ぐことができるのです。

 

水疱瘡が軽い場合期間は何日くらいで完治する?

 

発疹ができて数日で水ぶくれになり、かさぶたができるという流れで、全てがかさぶたになれば感染力はなくなります。

一般的にその状態を「完治」と考えます。
 

水疱瘡は完治までに何日くらいかかるのかというと、

予防接種を打っていない場合は1週間から長ければ3週間、打っていれば3日から5日程度です。

 

個人差があり、「この期間が過ぎればすぐ外出OK」と言うわけではないので必ず病院で診てもらい「外出OK」の許可ももらってから外出するようにしましょう。

 

水疱瘡の症状が軽い場合は子供も元気で、外で遊びたがると思います。

お母さんも何日も何日も子供と家の中で過ごすのは大変ですよね…。

 

ですが、水ぼうそうは本当に感染力の強い病気なので「まぁいいか」など、軽い気持ちで外出するのは絶対にやめましょう!

 

まとめ

 

うちの息子は2歳の時に水ぼうそうにかかりましたが、予防接種をしていたためとても軽く済みました^^

ただ、「症状が軽いから外出しても良い」と言うことは絶対にないので、注意が必要です。

 

熱が下がった後、ずっと家にこもりきりは子供本人も、付き添うお母さんも大変です。

予防接種していて症状が軽い場合は完治までの期間が短いことが多いので、予防接種されることをおすすめします!

記事が少しでもお役に立てたら「いいね!」(関連記事の下か最上部)してもらえると泣いて喜びます(≧▽≦)
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ