イースターハットの作り方!ボンネットと衣装を手作り(画像付)

イースターハットの作り方!ボンネットと衣装を手作り(画像付)春のイベント、仮装も楽しめるイースターパーティ♪

 
何を用意したらいいか迷ってしまったら、簡単に手作りできるイースターハット(イースターボンネット)はいかがでしょうか。

 
g072-01

 

春らしい淡い色で作るのがオススメですd(^ε^*)
 

作り方も簡単なイースターハット(イースターボンネット)、手作り方法を詳しくご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

イースターボンネットとは?意味は…

イースターボンネットは、イースターを祝うイベントでかぶる帽子のことです。

(なのでイースターハットとも言われています。)

 

「ボンネット」はもともと子供や女性がかぶる、前つばのあるあごでひもを結ぶ帽子のことです。

 

春は生命の誕生の季節、イースターボンネットのモチーフとしてよく見かける「ひよこ」や「うさぎ」は子だくさんの象徴で、日本で言う子孫繁栄の意味合いがあります。

春らしい花々やリボンなどを飾り、パレードやパーティに参加するための帽子をイースターボンネットと呼んでいます^^

 

イースターハット(ボンネット)の簡単な作り方

それでは早速イースターハット(ボンネット)の作り方を詳しくご紹介しますね!

 

g072-01

 

ボア素材は手芸店で、その他の材料は全てダイソーなどの100均で手に入ります。

 

g072-02

 
【イースターハット(ボンネット)の材料】

  • 土台用コーン型帽子…1個
    (今回はダイソーに8個100円で売っていたコーン型帽子を使用しました)
  • 厚紙…2cm×30cmくらい
  • 土台に貼るフェルト
    (ダイソーで購入した70cm×60cmのフェルトで3個分取れました)
  • うさぎの耳用フェルト・ボアなどの毛足のある布…それぞれ14cm×15cm
    ※ボアが手に入らない時はタオル地などでも代用できます。
  • リボン用フェルト…7cm×30cm
  • モールまたはワイヤー…少々
  • 好みでポンポンやレースなど
    (ポンポンは、ダイソーの手芸コーナーにあるデコレーションボールを使用しました。レースは、接着タイプだと簡単です)
  • ペーパーフラワーなど好みのお花
  • 【道具】布に描けるチャコペン、画びょう1個、両面テープ、ボンド、はさみ、針、糸

 

 
【イースターハット(ボンネット)の作り方】

 
今回使ったコーン型帽子は径の長さが24.5cmだったので、厚紙の端から24.5cmのところに画びょうで穴を開けます。

 

g072-03

 

穴をあけたら画びょうは一旦ぬいて、今度はフェルト・厚紙の中央(帽子の頂点となる部分)に画びょうを刺し、先ほど画びょうで穴をあけた部分にチャコペンを刺して厚紙を動かしながらおうぎ型を描く。(下の画像の頂点部分は画びょうのピンを上向きに置いています)

 
g072-04

スポンサードリンク

 
使用したダイソーの帽子の周囲が50cmだったので、のり代も含め弧の長さが50cmより長くなるように裁断する。

120度の扇型でちょうどよかったです。

 

g072-05

 
土台の帽子に接着する。

両面テープだと簡単に接着できます^^

 
帽子の頂点やふちの部分がきれいに接着できなくても、レースやポンポンを付けてしまうと隠せます。

ポンポンはボンドだとのり代が少なく付けにくかったので、針と糸で縫い付けました!

 

g072-06

 
うさぎの耳を裁断し、中表に周囲を縫い代1㎝で縫い合わせ、表に返す。

 

g072-07

 
下の部分だけ耳の両側を中央に折りたたみ、縫い止める。

 

g072-08

 
帽子の前側の好みの位置に縫い付ける。

 

g072-09

 
リボン用のフェルトを裁断し、

 

g072-10

 

中央に向かって折りたたみ、

 

g072-11

 

中央をモールで固定する。

 

g072-12

 
耳の付け根を隠すようにリボンを縫い付け、

 

g072-13

 

ボンドで花を付けたら、完成ですd(^ε^*)

 

g072-14

 

ボア素材と道具類は家にあったものを使ったので、材料使用分だけだとなんと1個80円くらいでできてしまいました♪

お友達の分も作ってみんなでかぶると更にかわいいですね(*^-^*)

 

簡単イースター衣装の作り方

イースターの衣装をとにかく簡単作りたいという方は、100均などでも手に入るうさ耳カチューシャなどとマントを合わせるのはいかがでしょうか?

 

マントの作り方は、こちらのハロウィンマントの作り方を参考に、イースターっぽいパステルカラーで作るのがオススメですd(^ε^*)

 

まとめ

イースターやハロウィンなどの仮装するイベントは、子供たちも喜んでくれるので盛り上がりますね!

かわいいイースターハット・イースターボンネットやイースターの衣装で記念撮影もぜひお楽しみ下さいね♪

記事が少しでもお役に立てたら「いいね!」(関連記事の下か最上部)してもらえると泣いて喜びます(≧▽≦)
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ