ハロウィン衣装 しっぽの手作り方法!猫&悪魔の作り方

ハロウィン衣装 しっぽの手作り方法!猫&悪魔の作り方ハロウィンの猫や悪魔の仮装には欠かせないしっぽ

 

ほしいと思っても近くに売っていなかったりしますよね。

身近な材料で簡単にできるのなら、手作りしてあげたいですね。

 

あるもので、意外と簡単に手作りできるんです!
 

g007-01

 

靴下(←あ!言っちゃった、笑)を利用して作る簡単なしっぽの作り方をご紹介します(^◇^)

スポンサードリンク

ハロウィン衣装 しっぽの手作り方法

【材料】

下記の材料は全て、ダイソーなどの100均で手に入ります♪

  • ニーハイソックス(長いしっぽがよい場合は大人用)
    ★ストッキングタイプではないほうが縫い易いです。
  • 針金(工作用のカラーワイヤーなどで十分です)
    ★直径2.0㎜以上のほうが、安定します。
  • ドミット芯(キルティングの間に入っているキルト芯と似ている素材で、キルト芯より型崩れしにくい素材)
  • 手縫いの方は、針と糸(ミシンでも可)
  • ベルトループ用のテープ 2.5㎝幅 × ベルト幅 + 4㎝
    ★バッグの持ち手にするような厚手のタイプは、縫いにくいかもしれませんが、伸縮性の無いテープ状になっているものであれば大丈夫です。
  • リボン 50㎝×2本

 

【作り方】

ソックスのかかとより上側の筒状の部分のみ使用します。

g007-02

 

ソックスのゴムの部分の下から2.5㎝のところに、ベルトループを付けます。

ベルトループ用のテープをベルトの幅に合わせて、上下1.5㎝ずつ折り返し縫い付けます。

★この時、ループは、ベルト幅よりは長くないとベルトは通りませんが、ゆとりがありすぎるとしっぽが固定しにくくなってしまいます。

 

ソックスを裏返し、好みの太さになるように、ゴムの下から、先端まで縫います。

もともと周囲20㎝のソックスを周囲10㎝にしたい場合は、10㎝縮めるので、端から5㎝のところを縫っていきます。

★伸縮素材なのでイメージしている太さより、1~1.5㎝細めにしておくほうがよいです。

 

g007-03

 

ソックスの先端から1㎝のところをなみ縫いし、縫い始めの糸の端と、縫い終わりの糸の端を、ぎゅっと引っぱりながらしぼり、ほどけないように結びます。

 

g007-04

 

折り曲げる長さも考慮し、針金をソックスの長さに合わせて切ります。

針金の先端が飛び出ないように、折り曲げて、ねじります。

★ソックスが多少伸びるので、ソックスより2~3㎝長めがよいです。

 

g007-05

 

針金が隠れるくらいの長さにドミット芯をカットします。

 

④をドミット芯の上に置き、くるくる巻いていきます。

★ソックスより少し太めのほうが、形がきれいに出ます。

 

スポンサードリンク

g007-06

 

ソックスの中に⑤を入れ、ソックスのゴム部分の下を針金が飛び出してこないように細かくなみ縫いし、③のときと同じようにしぼりほどけないように結びます。

★ソックスをはく時のように、たぐりよせて先端から入れていくと簡単に入ります。

 

g007-07

飾りも兼ねて、ソックス・ドミット芯・針金を固定するため、ベルトループを付けた上下2ヶ所にぎゅっとリボンを結びます。

 

g007-08

 

好みの形に曲げて、ベルトに通したら完成です!

サイズを変えれば、大人用にもなります(・∀・)b

 

歩き回ったり長時間つける場合は、形を安定させるためにしっぽの先端を安全ピンなどで衣類に固定したほうがよさそうです。

(小さいお子さんの場合は、安全ピンは危ないのでやめておきましょう。)

 

また、しっぽの先端を安全ピンでとめるとトイレに行くとき困るので、その場合はボトムのベルトに通さずに上物の衣類の上にベルトをしてしっぽを付けるといいでしょう^^

 

ハロウィン衣装 猫のしっぽの手作り方法

g007-09

猫のしっぽの場合は、豹柄やボーダー柄など柄物を選ぶと良いです。

この時、リボンは派手目な色がオススメです。

 

ダイソーなどで手に入る、猫耳カチューシャを合わせたり、お団子ヘアーにラメスプレーを振りかけたり、カチューシャに合わせて、ピンクやパープルのしっぽにしても可愛いですね!
私服に合わせただけでも、十分ハロウィンの雰囲気が出ます。

 

さらにもしメイクをするならキャットラインを入れたアイメイクにすると、気分も上がりますd(^ε^*)

猫のヒゲを書いてもかわいいですね♡

 

ハロウィン衣装 悪魔のしっぽの手作り方法

基本は上記で説明したしっぽの作り方と同じです。

 

アンパンマンに出てくるバイキンマンのしっぽのような、しっぽの幅より大きな三角のモチーフを付けると、より悪魔っぽさが演出できます。

しっぽの幅より大きい三角のモチーフを2枚裁断し、しっぽの先端を挟み込むように手芸用ボンドなどで付けると簡単です(・∀・)b

 

また、悪魔や魔女というと黒いしっぽのイメージなのですが、ピンクやパープルなどなど、あえて派手目な色でしっぽを作るのも可愛いですね。

あとは、しっぽに飾りつけをして個性を出しましょう!

 

手芸用ボンドやアイロンで付けられるラインストーンを散りばめたり、リボンを縫い付けたりするとよりシックになります。

シールですと手に入りやすいですし、ハロウィンのモチーフのものや、お値段は少し高めですが夜光タイプなどもあり、小さなお子さんでも自分で貼れるのでオススメです(^◇^)

 

まとめ

近頃は、ハロウィンのイベントをする幼稚園や小学校も増えてきているようです。

 

”仮装できるアイテムを持って来て下さい。”

と言われても、ハロウィン間近では店頭にほとんど在庫がなかったり、欲しいアイテムが手に入らなかったりする場合もありますよね。

 

手持ちのアイテムと組み合わせて、ちょこっと簡単にできる手作りのしっぽを作ってみてくださいね♪

手作り衣装はとても良い思い出になりますよd(^ε^*)

 

記事が少しでもお役に立てたら「いいね!」(関連記事の下か最上部)してもらえると泣いて喜びます(≧▽≦)
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ