カーペット掃除機かけ方のコツ!しみにおすすめの洗剤は…

カーペット掃除機かけ方のコツ!しみにおすすめの洗剤は…ふかふかで綺麗なカーペットは気持ちいいですよね(*^-^*)

 

でもふと気がつくとしみとゴミで汚くなったカーペット・・・

 

gs002-01

 

カーペットについたゴミやしみ、まあいいかとそのままにしていませんか?
 

掃除マニアの私が、

カーペットの染み抜きの方法と掃除機のかけ方を詳しくご紹介しますね~!

スポンサードリンク

 

カーペット掃除機かけ方のコツ

毛足の長いカーペット、普通に掃除機をかけるだけでは表面のゴミだけしか取れない(-_-;)ってことありますよね!
 

gs014-01

 

カーペットの毛の奥のほうのゴミをとるには、お風呂で使うシャワーブラシで一度ゴミをかき出してから掃除機をかけるといいですよ。

 
こんな感じにゴミがついてきます^^

 

gs014-11

 

シャワーブラシは100均でも手に入ります。
 

※この時、カーペットによっては生地を傷める可能性もあるので注意してくださいね!

 
 

また、ゴム手袋でカーペットの表面を触ると髪の毛やゴミがついてきますよ~

 

gs014-02
gs014-03

表面がゴムなので、こんな風に髪の毛もとれます!

 
 

シャワーブラシやゴム手袋でカーペットの毛の奥や表面のゴミを浮かせたら、ここで掃除機の登場です!

 

まずは、カーペットの毛の流れに逆らってかけていきます。

この時、ゆっくりかけるのがコツですよ!

 

どのくらいゆっくりかというと、

1平方メートル当たり20秒ぐらいが目安です。
 
 

次に、先ほどかけた方向と十字になるように掃除機をかけます。

イメージとしては、縦にかけてから横にかけるような感じです。

 

これでカーペットの毛に奥のほうのゴミもすっきり!

 

この方法を使えば毛足の長いカーペットも綺麗に掃除できますよd(^ε^*)

 

カーペット掃除におすすめの洗剤!しみ&全体用

カーペットについてしまったしみ、一気に取ってしまいましょう!

カーペットの染み抜きにおすすめの洗剤をご紹介しますね^^

 

特別な洗剤は必要ありません。

染みに万能なのは、中性洗剤を水で薄めたものです。
 

gs014-10

スポンサードリンク

 

水100ccに、中性洗剤を5滴ぐらい垂らします。

これを使って染みを落としていきます!

しみがなかなかとれないなと思ったら、中性洗剤の量を2倍にするといいですよ^^

 

カーペットの詳しいしみ取り方法は後ほど手順をご紹介しますね。

 
 

次に、カーペット全体におすすめの洗剤の紹介です。

 

カーペットの染み抜きと同じで、特別な洗剤ではなくやはり中性洗剤がおすすめです。

 

酢や重曹を使ってカーペットを掃除する方法もありますが、酢だと臭いが気になったり、重曹だと重曹が毛の奥まで入って掃除機で吸い込みにくかったりするからです。

 
 

普段の掃除なら、固く絞ったぞうきんで水拭きします。

それでも落ちなければ中性洗剤を薄めたもので拭いていきます。

この後、洗剤が残らないように水拭きをして完了です!

 

カーペット掃除 染み抜き方法

 
カーペットについてしまった染み、きれいに取っていきましょう!
 

gs014-04

 

用意するもの
☆中性洗剤
☆ブラシ
☆ぼろ布

 

gs014-07

 

カーペットについてしまったシミ、すぐに拭けばよかったんですがみて見ぬフリをしてもうかなりの時間が経っています(-_-;)

 

まずは中性洗剤を水で薄めて(水100ccに中性洗剤5滴ほど入れたもの)、それをブラシにつけて、染みの上からトントンと叩くようにしていきます。

落ち具合によっては、ブラシで少しこすると、より効果的!

 
gs014-06

 

だんだん染みが浮いてくるので、そうしたら上からぼろ布をあてて、染みをそちらに移していきます。
 

gs014-08

 

染みがとれたら、洗剤が残らないように濡れたぼろ布でよーく拭き取ります。

最後に固く絞ったぼろ布で拭きあげて完了です!

 

カーペットのしみがきれいに取れましたヽ(^∀^)ノ

 

gs014-09

 

まとめ

特別な洗剤がなくても、ちょっとしたコツでカーペットを綺麗に掃除できます。

 

逆に、何年も前からカーペットについてしまっているしみはたとえクリーニングに出しても完全に綺麗にするのは難しいかもしれません…。

カーペットのしみはあまり長期間放置せず、なるべく早めに対処!がおすすめです^^
 

カーペットの掃除のコツをつかんで、ふかふかできれいなカーペットを保ちましょう♪

記事が少しでもお役に立てたら「いいね!」(関連記事の下か最上部)してもらえると泣いて喜びます(≧▽≦)
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ